うーさん日記

無職.comにて日記をつけておりましたが、無職でもないのでこちらに引っ越すことにしました。介護職なのですが、独特の介護感をメインに書いていきます。

頭がぽ~ん!

勉強しても、さっぱり頭に入りません。


   ワッハッハー


笑ってごまかす(^^)


過去問やって・・テキストやって・・読んだり・・書いたり・・


そうやって何度も挫折したろ、これまでの人生で。


時代は変わったのだ。かえろよ、そろそろ、今風に。


ネットで過去問、わかんないところはググればオーケー。早いぜ。


簡単な国家資格らしいですがね、わからないとどうしようもないですから。


ま、今のところはぎりぎりボーダーラインってところかな。


 最後に、くだらない写真ですみません。見栄えよく撮れないかといろいろ試しましたが、僕には無理でした(笑)雨上がりの葉っぱね。





ありがとう

 人事異動を言い渡されてから、いい意味で気が抜けています。施設のこと、ユニットのこと、ユニットの職員のこと、ユニット入居者(高齢者)のこと、いろいろなことを考慮しながら仕事をしてきましたが、正直自分らしくはなかったと思います。


 気が抜けてから、自分らしい仕事ができています。より、入居者に寄り添って仕事をこなすことができていると実感しています。なぜできるようになったか、それは一つ決意をしたからです。
  「自分の意思に沿って仕事をすすめていく。」
 ぶつかり合いがあるかもしれません。嫌われるかもしれません。それでいいんです。はっきり決めた方が周囲にはわかりやすいですから。僕は、僕らしく仕事をしていきます。


 今日は、というかいつもなのでしょうが、周囲の助け(応援)をいっぱいうけたなと思いました。普段はそれほど感じてないのです。でも今日は感じました。僕が感じているということを周囲は理解しているようです。いつも以上に笑い、協力し、仕事をすすめいていくことができました。


 僕は、たいしたことがないことは自覚していますが、それでも男ですから、年齢を重ねたものとして若い人たちに「俺を見よ。」「俺になれ。」といった気概をもって接するようにしています。今までは弱弱しかったですが、これからは頼もしくいきます。


 皆さんも応援して下さいね(^^)


 では(^^)/



勉強したくないな~

僕が若い頃は、老後のことなんかこれっぽっちも考えていなかった。
 僕と同年代は、大体そんなかんじだったと思う。
  「認知症」なんて聞いたこともなかったし
    たまに「隣のばあちゃんがキチガイになった。」なんて話が聞こえても
      なにかの間違いくらいにしか思っていなかった。


      「介護」なんて言葉も聞いたことなかった。
     それが、今や「高齢化社会」「介護」といったキーワードが目白押し。
    今の若い子らは
   ほぼ全員「高齢化社会」を意識できてるんでしょうね。
 意識できているからと、何かしているかといえば
そうでないようだけど、ま、それは当たり前ですよね。


               僕だって、何にも備えてこなかった。
               老後のことは何も考えていなかった。
               日々のことで頭がいっぱいで
               未来の何十年先のことなんか知ったことではなかった。


年金があればなんとかなるだろう。
なんとかなるだろう。
それくらいにしか思っていなかった。


       それが、年金もらえる年齢がどんどん上げられ、
      もらえる額も減っていき、
     僕が年金をもらえる頃には、病院に行くことさえためらわれるほどの
    節制を強いられるんだろうな~
   長生きはしたくないけど、歯医者だけは行きたいし。


僕は馬鹿なのかも知れないが、福祉は平等に受けられるものとずっと勘違いしてきた。
 でも、これからはもっと選抜が厳しくなる。
  介護認定が下りない、救済するパイは増やさない。
   ごく一部だけの手厚い救済。


今の若者たちはどう捉えているのでしょうね。
 たぶん考えていないんだろうな。
  それを願う。


       「今を生きよ。」今を生きます(^^)


さて、勉強、勉強!