うーさん日記

無職.comにて日記をつけておりましたが、無職でもないのでこちらに引っ越すことにしました。介護職なのですが、独特の介護感をメインに書いていきます。

パニックって怖いんです

 (画像の主の声)
 わしが誰だかわかるか?おまえに顔は見せてやらん。昔、親父に教わった。「男は背中で語れ。」さあ、語っておるぞ。わしは誰じゃ、誰だかわかるか?
                                      以上


 ホオジロが大きな声で鳴いていました。風がつよくて木が揺れてるんだけど、ほぼピンボケでした。顔が写ってないとピンボケもそれほど目立たないようです(笑)本日は背中で語ってもらいました。


 さて、パニック障害なのか過換気症候群なのか私にはわかりませんが、時折ひどいパニックに陥ることがあります。もう4年くらいは出てなかったのですが、先週久々にあらわれました。


 どういうふうな状況かというと、まず1回目


   どうでもいいことを考えていた。
          ↓
   突然怖くなった。
          ↓
   胸にぽっかり穴が開いた感じがした。
          ↓
   全身の力が抜けていく気がした。
          ↓
   心臓が壊れそうな気がした。
          ↓
   涙がこぼれてきた。
          ↓
   助けを求めていた。
          ↓
   助けはこなかった。
          ↓
   嫁の寝顔を見に行った。
          ↓
   10分ほどで落ち着いた。


次が2回目


   一人でドライブをしていた。
          ↓
   車の行き来のない山道だった。
          ↓
   前方に深い峡谷が見えた。
          ↓
   細い橋が1本かかっている。
          ↓
   もし飛び降りたら・・
          ↓
   胸がしめつけられるような気がした。
          ↓
   呼吸をはやくしたいが、はやくするとかえって悪化してしまうことを経験上知って    
   いるので呼吸は抑え気味とした。
          ↓
   手足が小刻みに震えていた。
          ↓
   車を止めた。
          ↓
   少し落ち着くのを待った。
          ↓
   落ち着いてはきたが、胸の締め付けはおさまらなかった。
          ↓
   脈は少しはやかったが問題とは思わなかった。
          ↓
   その後、40分くらい、胸をおさえたまま運転し帰宅した。


 いろいろ考えた。僕は死が怖いんだろうか。たぶん怖いんだろう。でも何故かしっくりこない。それだけではないような・・正直言って死がどういうものかいまだよくわかっていない。よくわかっていないものをそれほど怖がる必要はない。僕はきっと、現象そのものが怖いのだ。胸の不気味な暗黒空間が、僕の生気を奪っていく。身体中の力が抜けていく。自分のことなのに、自分ではどうしようもできない。このパニックが出ると僕はなす術がない。唯一できること、やり過ごすこと、そして信頼できる人のことを思い浮かべること。


 まだしばらくは続くかも知れません。続かないかも知れませんが、あまり深く考えても仕方ありません。考えることは雑多にある、無駄な時間はないのです。これから夜勤です。真摯に仕事してきます。1日を大事に生きていきます。


 そして、やばいと思ったら「嫁の顔」です(笑)

暴走下っ端

 会社にいる若者ですがね、こいつが暴走して仕事をかき回すんで困ってます。自分は偉い、自分はできると勘違いはなはだしい奴です。私の上司の案件で、こいつがかかわっていたのですが、上司の企画・立案をさも自分がやったごとく周囲にいいふらし、しかも勝手に内容をかえて配布しちゃってるんですね。


 一昨日に発覚して、これはおかしいと上司に確認をとったところ、血の気がひいてるようでしたよ、上司。


 これほどの馬鹿はなかなかいない。へんな意味で感心しています。やる気があるのはいいんだけど、なんのためにやるのか一度考えましょう。けっしてあなたの虚栄心を満たすためではないのですよ。今回の件でもそうですが、誰もすごいなんて思ってませんから。


残念!!!

ズームカメラの底力

 私の持っているコンパクトデジタルカメラは、高倍率コンデジ(又はネオ一眼)という部類ですね。ズームがすごいのです。どれくらいすごいかをお見せします。



まずダムサイトから対岸を撮影した画像です。広角端で撮ったので、肉眼で見るより広い範囲が入ってます。


この白い点をズームします。望遠端(光学60倍)+電子ズーム使用です。

白鷺君でした(^^)

地図で確認したところ、私と白鷺君との距離は約300メートルでありました。300メートルも離れていると白鷺君は安心なようです。


お疲れさまでした。