うーさん日記

無職.comにて日記をつけておりましたが、無職でもないのでこちらに引っ越すことにしました。介護職なのですが、独特の介護感をメインに書いていきます。

見てますよ。

 周囲に民家もない山の中のダムにも野良猫は存在するんですね。どうやって生きてるのか疑問ですが、へんなもの食べてないせいか、痩せすぎず太りすぎずの健康体が多いようです。


 昨日の夕方から夜勤でした。休憩なしの17時間勤務です。夜勤帯の業務はそれほどでもないのですが、朝方、早出スタッフ、日勤スタッフがきてからが大変でした。勤務表見て、「このメンバーなら業務が遅れる。」そう思って、やれることはやっておいたんですが、駄目でした。


 食事介助に時間がかかってしまったんですね。通常なら朝食は9時15分には終わってるんですけどね。9時45分まで手伝いましたよ。本当は、食堂(フロア)から離れて夜勤残りの業務をしないと自分も間に合わないんですけどね。でもね、日勤スタッフのU職員が素晴らしい奴だったんで、手伝うことにしたんです。


 U職員、仕事は早い方ではないが、丁寧な対応がウリです。しんどくても、業務がおしていても、心のこもった対応をします。


 食事介助がおしている状況でとばっちりを喰らうのは、四郎丸良子だ。並みの職員なら、四郎丸良子が食べていようが食べてなかろうが食事を下げてしまう。しかし、U職員は下げない。ある程度落ち着いたところで食事介助に入るつもりなのだろう。他の職員は、すでに排せつ介助に入っている。この段階で食事が終わっていない高齢者は3名。本来なら自分も離れなければいけない時間なのだけど、U職員1人に食事介助に時間がかかる高齢者3名を押しつけるのはあまりにも酷である。いつも温厚なU職員が珍しく(というか初めて見たが)イラついている。それでも手は抜かない。恐れ入りましたです。


 U職員から「ありがとうございます。」といわれました。でも、本来ならU職員のとった行動が正しいのです。それに協力できたことを私は嬉しく思います。他の職員の無言の圧力もあり、なかなか、そういった行動をとるのは難しいですが、それを押し通せるというのは立派だなと思いました。


 U職員のおかげで、すがすがしい気分で夜勤を終えることができました。「ありがとうございます。」ですね(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。